『“0”ptique』(ゼロプティーク)

2014.02.17 Monday

2013年春から「USH」の新しいプロダクトとしてスタートした『“0”ptique』の新作が入荷しています。
工場やショップに眠るメガネのパーツと現代のデザインとを組み合わせる“Re:flames”のコンセプトから生み出されるメガネ。ということもあって、何処かクラシカル、でも新しいデザインなのです。

コテコテ過ぎないカジュアル感のあるデザインは、クラシック好きの方もクラシックに抵抗を感じる方にもおすすめです。
USH/UFO-029 Andre(¥33,600)

見慣れた生地もなんかちがう

2013.11.28 Thursday

個人的にストリートを感じておりますUSH(アッシュ)が入荷しました。
抽象的で分かんないですよね〜。まぁ、気取らずに楽に掛けられるメガネ…服でいうとスニーカーやジーパンって感じかな??=飽きがこないメガネ。

何故だか、街中をUSHのメガネを掛けてヘッドフォンで音楽を聞く自分の姿を想像してしまいます。余計わからないですね。
USHのイメージは各々の想像にお任せしまして、その特徴の一つにメガネ生地の使い方の楽しさがあります。

よく目にする生地でも生地の重ね方磨き方を変えるだけでイメージが変わります。

男性っぽいシェープも生地が変われば女性におすすめのメガネになります。
男女問わずに楽しみながらお試しいただけます。USH/U-011 La Rotonde(¥25,200)

ちなみに、三谷幸喜さんはプライベートでU-011を愛用されているようですよ。

生地使いの上手なメガネはカッコええねん。

2013.07.16 Tuesday

丸いメガネが入荷しました。

ラウンドフレーム(丸メガネ)なんだけど、個性的になり過ぎず掛けこなしやすいメガネです。
フロントの輪郭は丸くレンズ部分はウェリントンタイプのメガネに近い円形でデザインされています。
なので、馴染みやすい。考えぬかれたデザインなのです。

そして、生地に優しい色を使うと女性にも楽しめる、と言うか、女性に楽しんでいただきたいメガネになります。
ほんでもって、オシャレな印象を簡単に作れま〜す。
モード・オプティークと言うマニアックなメガネ雑誌で女優の忽那汐里さんが掛けていました↑
忽那さんは雑誌内でいくつかメガネを掛けていましたが、個人的にはこのメガネが一番似合っていると思いました。

女優さんだからではなく、上手くデザインされたメガネだからと僕は思います。
みんなオシャレで格好良くなれるメガネですよ。

こちらのメガネにはシルバーにブランドアイコンが刻印されたデザインが施されています。
このシルバーがあるだけで大人っぽい印象になるかな。USH/U-017Maze(¥33,600)

え〜、遅くなりました。こちらのメガネは新規導入のメガネブランド『USH』(アッシュ)です。
『USH』の「UNDER SPIRITUAL HORN」=「精神の内側に存在する角」の「角」がブランドのアイコンとしてデザインされています。先週ご紹介したあの生地が綺麗なシークレットレメディ(click!)を手掛ける“アトリエサンクス”社が手掛けています。『USH』についての詳細は追々ご紹介いたします。とりあえず今は、ブランドホームページをご覧ください。USH/HPはこちら



でも情報更新中です。