秋。

2009.09.04 Friday

朝起きて、何を着るか迷う今日この頃ですが






本日、お店は衣替えです。



ショーウィンドーは
夏色から



秋なモノと




秋な色へと







店内も
Before

After






Autumn leaves

再再・再入荷。

2009.09.01 Tuesday

なぜか繰り返し入荷してしまうモデル。

「カザール」879








こちらのカラーが飽きないんです。(個人的に)










大き過ぎないフロントで、度付き対応が出来るのも 有り難いモデルです。

遠近両用レンズを使用する方も多いですよ。







繰り返し見ても飽きない。


超軽量&シンプル

2009.08.30 Sunday

こちらのフレームは、とにかく軽いんです。

オーストリア生れの「Silhouette」(シルエット)




当然、ネジなどは使わず
こちらを加工して

留めています。
(ネジゆるみの心配はいりません。)





素材も超弾性のハイテクプレスチック素材の“SPX樹脂”


こんなことになっても大丈夫!







シンプル過ぎるって方には

レンズの形は自由自在なので個性だって出せますよ。






「シルエット」は、スペースシャトル“アトランティス”の宇宙飛行士6人全員(宇宙空間を浮遊する際にメガネがずれてはいけないと言う理由から)が使用していたらしいです。
つまりNASAが認めたメガネなのです。







The Knack-My Sharona

豆しば

2009.08.29 Saturday

本日はどうでもイー話です。


数日前のブログで登場した、“豆しば”のことです。






「コーヒー豆しばのキリマンジャロって?」的な ご質問が数件ありました。
      ・・・ありがとうございました。





こちらが情報源です。




これによるとたくさんの仲間がいて、それぞれ設定があります。

コーヒー豆しばにはこんなにも種類があり キリマンジャロって耳の色で確認でした。


ジェリービーンしばも 同じくです。

そもそも「ジェリービーンしばって豆なのか?」と他の豆から疑われているようです。僕も疑っています。




どうでもイーお話でした。。。

強めの近視の方へ

2009.08.27 Thursday

前回の「薄型レンズ」の続編です。



強めの近視の方の場合のフレーム選びは
前回ご説明をした理由からがひとつと 最も重要な事が、レンズによる「縮み込み」目立たなくする事です。





近視を矯正するレンズは凹レンズです。

凹レンズは像を縮小する効果を持ってます。




強めの近視の方は一度は経験した事があるかもしれません。
フレームを選ぶ時は良かったのに、レンズが入ってメガネが完成した時に掛けてみると「こんなのだったっけな・・・?」ような事です。
これの原因がレンズの縮小効果で起こっている事が大半です。





これは伝えにくいので画像で。。。

同じ度数のレンズで比較しています。

大きいレンズ(フレーム)だと

縮み込む範囲が広い状態です。

小さいレンズ(フレーム)だと

縮み込む範囲が狭い状態です。



印象が少し変わらないでしょうか!





小さいレンズの方が印象が良くないですか?
*よく非球面レンズなどの良いレンズを使うと縮み込みは少なくなると誤解をされている方が多いので付け加えると、どんなレンズを使おうと(凹レンズの場合には)この縮み込みは変わりません。






したがって
当店では、強めの近視の方のフレームは少しでも小さめのフレームをお奨めいたします。






あと、余談として
当店では印象を少しでも良くする(レンズ度数の影響を少なくする)為に行うことが
レンズとの距離を近づけることです。


レンズと眼の距離が離れている時です。


レンズと眼の距離が近い時です。




ただし、距離を変える場合は検査の時点で眼とレンズの距離を考慮して度数決定をしています。(レンズは距離により度数が変化します。)





The Small Faces-Sha La La La Lee