青空の下で太陽にほえろ!

2011.06.07 Tuesday

 先日のKAMUROサングラスに続きまして、本日はYELLOWS PLUSのサングラスをご紹介します。


日本人に合わせたサイズ感にポップさを兼ね備えたクラシカル。“634”
掛けるとどこか渋さを感じさせるモード系。





本日、太陽にほえる準備を昨日のnyimaでしていただきましたKさま。
ありがとうございました。




当店ではこの夏、太陽に吠えるアイテムがいつもの夏より増えています。いつでも来やがれ太陽。





太陽にほえろ!/衝撃のテーマ-井上尭之バンド

YELLOWS PLUS×メタルフレーム 再び

2011.05.31 Tuesday

 セルフレームのクラシカルより軽い印象のメタルフレームでクラシカルを楽しめます。
“ALISON”
イエローズ・プラスのメタルフレームは全てチタンですので、見た目はもちろん掛け心地も楽ですよ。

文句無しのカラーリング。

黒ではなくブルーです。

黒と比べるとわかりますよ。
上:ALISON/下はひと回り大きめの別モデル“626”です。

“626”はカーブが少〜し強くなります。

カーブが付くとクラシカルな印象が和らぎます。

個人的におすすめは黒/シルバーのハーフカラー。


掛けたら誰だって欲しくなると思います。



少し前になりますが、YELLOWS PULSを探し求めてご来店いただきましたTさま。
金型関係のお仕事をされています。メガネの金型も作ったことがあるそうです。

理想的なメガネ選びをしていただきました。


僕にとって理想のメガネの発掘は良い出会いをもたらしてくれます。

今回も嬉しい出会いをありがとうございます。

昔からのウェリントンは今も

2011.05.29 Sunday

 本日はYELLOWS PLUSで定番の人気モデル。ウェリントンタイプをご紹介します。



他のモデルでも言えることなんですが、変える必要のないモデルのひとつ。
“621”
過去の完成品それは、現在の完成品。

定番がものたらない方には肉厚なモデルで個性を強調することをおすすめします。
左:522フレームは肉厚になっています。右:621
上:522フロントはゆるやかなカーブが特徴。下:621


“522”

YELLOWS PLUS×メタルフレーム その2

2011.05.21 Saturday

 肌を綺麗に見せる職人技があるからこそ個性が光ります。
YELLOWS PLUS“607”

誰が

どれを選んでも
以前から常に、そこにあったモノのように振る舞ってくれます。

YELLOWS PLUS×メタルフレーム

2011.05.20 Friday

暑くなるとメタルフレームが恋しくなります。


女性のための入荷“第2弾”(個人的に言ってるだけで、男性にもおすすめです。)
YELLOWS PLUS/632
ボストン(丸みを帯びた逆三角形型のフレーム)かな?呼び方は何でもいいんだけど・・・


とにかく綺麗なんですよ。イエローズが作るメタルフレームは。
どこにも真似できない質感の仕上がりになっていると思います。


涼しげなクラシカル。
肌を綺麗に見せる職人技が光るイエローズのメタルフレーム。


YELLOWS PLUSのこだわりが「眼鏡Begin Vol.10」で
デザイナー“山岸稔明”さんと供に紹介されています。

当ブログと合わせてご覧いただけると更にYELLOWS PLUSのことがわかります。