やっぱり大変です。

2013.06.18 Tuesday

昨日ご報告をした“メガネ形箸置き”の余り材を磨いてみました。
平面が多く濃い単色生地はキズが目立ちやすく想像していたよりも大変でしたー。今度別の生地でも試そうと思います。
マコト眼鏡さんからたま〜に聞く「生産が困難な為、このカラーは次回は作らないかもよー。」って気持ちが少し分かったような気がします。セルロイドのメガネで無色透明は相当困難なんだろうと思いますぅ。

今回磨いたモノ(↓ややキズが残っております…)はポップにしました。写真立てに使えそうですね。
何度も言いますが、皆さんに用意しているメガネ形の箸置きは、バフ掛けだけで簡単に綺麗になりますのでご安心下さい。↑こちらはメガネ好きで根性がある希望者のみのチャレンジキットですよー。



でも情報更新中です。

告知です。

2013.06.17 Monday

先日お話ししていた(click!)ように“マコト眼鏡”ご協力のもと『「歩」展』を開催します。
期間は6月22日(土)〜6月30日(日)です。
期間中は「歩」のメガネをいっぱい見て掛けることが出来ます。
今「歩」をお探しの方はもうしばらく辛抱するとたくさんの「歩」の中から選ぶことが出来ます。
ちょっとだけお待ち下さいね。

注)期間中は…特に週末はたいへん混み合うケースも考えられます。すでに多数の問合せ等もあります。場合によっては検査の時間が作れない(メガネを作るための検査の時間については過去のブログをご覧ください→検査の時間)ことが考えられますので、後日改めて検査のためのご来店をしていただくこともあります。遠方からのご来店で次回ご来店が困難な場合はこれに限りません。極力、皆様のご希望に添えるよう努めます。

そして、『「歩」展』では眼鏡素材(アセテート)の仕上げ磨きを体験できるイベントをご用意しました。
眼鏡素材のアセテートが輝く瞬間をご自身の手で体験できます。↑バフ掛けで磨く体験です。
磨いていただくアセテートはマコト眼鏡さんご協力で当店オリジナルの「箸置き」をご用意しました。
体験磨きをした箸置きは、磨いた皆様に差し上げます。初めてのご来店で、磨き体験のみをご希望の場合は材料費として2千円をお支払いいただきますようお願いいたします。

試作段階のものを磨いてみました。↓↓↓
ヤスリの種類を変えながら丁寧に根気よく磨きます。
最後にバフ掛けすると、輝きます。
ここまで磨くのは大変だけど、バフ掛けする瞬間は楽しいですよ。・・・ご心配なく。
皆様にご用意した箸置きはマコト眼鏡さんのご好意によりヤスリ掛け無しのバフ掛けだけで、かなり綺麗になります。

根性?根気のある方には箸置きを作った時の余り材もご用意しました。(マコト眼鏡さんのアイデア)
何に使えると言うものでもないけど、綺麗に磨けるとオブジェ?になるかも。
こちらは持ち帰ってヤスリ掛けをお願いします。仕上げバフは私が担当いたします。
箸置きをくり抜いた時のバリも残る原材料の切りっぱなしなので、手作業のヤスリ掛けは大変ですよー。僕も今度チャレンジします。

メガネ用の生地は磨けば磨くほどに輝きます。磨きぬかれたメガネは金型だけでガッチャンガッチャン大量生産されるメガネとは違います。その手間と違いをご体験して感じていただければとても嬉しいです。また、マコト眼鏡が言う「キズひとつない」が今回使用するアセテートよりももっと硬い素材“セルロイド”で常に当たり前のように生産される凄さを感じていただけたらなぁと思っています。



でも情報更新中です。