日本人にしかできない、日本人しかやらない

2013.03.10 Sunday

台湾戦の興奮も覚めやらぬうちに今夜はオランダ戦結果はともかく好ゲームを期待ですね。

野球の日本代表も気になるところですが、日本を代表するセルロイド製の眼鏡「歩」の新作に本日も注目でーす。「歩」の新作をご紹介する前に以下のサイト等も合わせてご覧いただけるともっと「歩」のことがよくわかりますよ。
「歩」を手がける“マコト眼鏡”さん(click!)は数年前にNHK“美の壷”のテーマが「眼鏡」の回で紹介されてたことがあります。さらに、メガネを作る職人や鯖江の製造技術、メガネを愛する人々を取り上げ、鯖江のメガネをより身近に感じてもらうためにその現場から発信するウェブマガジンの「鯖江メガネファクトリー」の眼鏡職人インタビュー紹介ページの最初に紹介されているのがマコト眼鏡会長の増永誠氏なんです。
美の壷「眼鏡」へはこちら
鯖江メガネファクトリーへはこちら
*鯖江メガネファクトリーさんのfacebookページではタテヤマ眼鏡店facebookページを何度かご紹介いしてただいております。
眼鏡職人のインタビューページへはこちら
昨日ご紹介のL-1017と同様の極薄タイプです。鯖江メガネファクトリーでの増永誠氏のインタビューの中でもありましたが「メガネは一日何時間も顔に装着するモノであって、長時間かけていても苦にならないことが大前提」の言葉通り、どのメガネも掛け心地はこれ以上がないと言っていいほどの掛け心地です。メタルフレームよりも良いですよー。
さらにインタビューの中で「常に買うお客さんの身になって作らんといかん。傷や汚れがある製品はお客さんに渡さない…」これもお言葉通りに傷や汚れがなく綺麗に磨き上げられています。あまりに綺麗なのでもう一枚画像追加。

L-1017と同様、展示会(IOFT)限定カラーがあります。
3色全てマット仕上げになっております。
このマット仕上げも一度完全な製品にまで磨き上げてからの〜マット仕上げをしております。通常のマット仕上げはそんな面倒なことはしないんですよ。より良い仕上がりにするための「歩」だけのこだわり、日本人のプライドです。AYUMI/L1016(¥29,400)


でも情報更新中です。

SAMURAI AYUMI

2013.03.09 Saturday

昨晩のWBC台湾戦は興奮しましたね〜。特に井端選手の活躍には感動しました。職人技ですね。

そんな井端選手の職人技に勝るとも劣らない、眼鏡の職人技といえば「歩」
「歩」ファン…倶楽部の皆様、お待たせいたしました!と言うか、私が待っていたんですけどね。
昨年秋の展示会IOFT(click!)注文分の新作メガネの入荷です。
これぞ侍「歩」の技が光る極薄タイプのセルロイド製のメガネ。(極薄タイプの詳細に付いては過去ブログをご覧下さい。)強いセルロイドだからこそできるフロントのレンズまわりも強度が保てる限界まで削り落として、ラインの美しさを作りだしています。
固いセルロイドを丁寧に隅から隅まで磨き上げられており、セルロイド独特のツヤを「歩」の仕事でより特徴のあるツヤに仕上げられています。シンプルだけど日本人にしかできない、日本人しかやらない丁寧な仕事が詰まっています。

上の写真のメガネは定番カラーになりますが、カタログ等にはない展示会(IOFT)限定カラーも入荷しております。今しか手に入らないよー。
AYUMI/L-1017(¥29,400)次回も「歩」の新作をご紹介する予定です。



でも情報更新中です。

新作じゃなかった。。。

2013.01.26 Saturday

先日入荷した「歩」は新作ではありませんでした。帳簿を付ける段階で気付きました。オーダーしたのは昨年11月の展示会IOFT(click!)の時。確か、新作入荷までの即納予定分??全然即納じゃないような気がする〜。
ですが完成したメガネを見ると、そんなことがどうでも良くなるんですよね〜。仕上がりがとにかく綺麗なんですよね〜。妥協してない、大人の仕事、職人の仕事、なんですよねぇ〜。

磨きぬかれたセルロイド特有の色艶に、掛け心地はメタルフレームと比較しても損傷がない、いやそれ以上の掛け心地を体感できる極薄タイプのメガネです。

老若男女どなたでも自然に掛けこなせて、実用的メガネです。「歩」は店頭にあるうちに、お試しになられることをおすすめします。すぐ完売するよー。
AYUMI/P-1010(¥29,400)

人気モデルだよー

2012.11.16 Friday

あの時に「歩」即納分として追加オーダーしたメガネが届きました。
即納予定なのにひと月近く遅れるとは・・・他にも夏にオーダーした分もまだ届いていません。困るなぁ〜。「歩」は私が想像していた以上に皆様に喜んでいただいており品不足が続いています。

↓まぁ困るんだけど、仕上がりの良さを見ると遅れる理由に理解させられます。

早めのオーダーを心掛けつつ、次の入荷も待ちます。
L-1005(¥29,400)こちらのモデルは「歩」取扱いの眼鏡店の中でも非常にリピートが多いモデルだそうです。次の入荷のメガネを待つか、売り切れる前にL-1005を手に入れるか、どちらにしても「歩」を選んだ時点で「それは正しい選択だと思います。」

クラシックとセルロイド眼鏡

2012.09.17 Monday

敬老の日の本日は「歩」のクラシックシリーズをご紹介します。
こちらのシリーズも先日ご紹介した極薄タイプになっております。見た目とは違い、掛けると驚きの掛け心地のメガネです。本当にビックリしますよ。このサイズでのこの感覚は私自身初めての体験でした。

気持ちよい掛け心地なのに、セルロイド生地だからこそ出せるアンティークな雰囲気。
昔のセルロイド眼鏡だとこの掛け心地はないので、新しいクラシックですよね。
「昔の人は偉かった」で終わりではなく、更なる知恵と努力を積み重ねています。

で、また、歩でしかしない手間手間手間・・・

買う買わないはどうでもいいので、一度掛けてみて下さい。