調光レンズ。

2010.03.25 Thursday

昨日は
レンズのセミナー参加のため




京都へ     






内容は
「新しいレンズの設計」&「調光レンズの設計と活用法の再確認」と言った感じです。

調光レンズに関しては
ここでは長くなるのでこちらをご覧下さい。
でも、少しだけ・・・調光レンズはただ色が変わってサングラスになるだけではなく、特定の波長の光をカットしてくれるので、コントラストが良くなり、目の健康にも良いんですよ。
さらに、詳しく知りたい方は是非、店頭でお訪ねください。






Transition Lenses(調光レンズのCM・・・のようです。)



↑上の方が好きだけど、↓こちらの方がわかりやすいです。


欧米では紫外線対策に敏感で調光レンズってかなり認知されているようです。



リマーク&サンテック

2010.02.04 Thursday

良いメガネに出会えている人って以外に少なく


メガネが好きではないという方は以外に多く



この業界でさえも、
「嫌いじゃないけど人前ではあまり掛けない。」って人がいたりします。






そんな人を救うのが僕のお仕事。

HOYAさんの当店担当営業“青木さん”が選んだのは






FLEYE by AKITTO「toi」

きっと、メガネ好きになることでしょう。



レンズはもちろんHOYA

リマークサンテック使用です。




その後は新年会。
お仕事抜きのね。






Zebrahead-Playmate of The year

セミナー

2009.11.12 Thursday

先週の水曜日は
NIKON




昨日は
午前HOYA

午後SEIKO



レンズメーカーのセミナーへと行って参りました。







今回はこれと言った収穫は無かったような・・・今までの知識を再認識したと言う感じです。
つまり、当店の取り組みが方が間違っていないことを再確認。









そのあとは、年末のディスプレーを探し求めて
GET'S!
マリンメガネ用です。





今年のマリンメガネはNEWブランドも加わり、いつもと少し違うクリスマスを迎えられそうです。



ご期待下さい!







Gangster Tripping-Fatboy Slim

強めの近視の方へ

2009.08.27 Thursday

前回の「薄型レンズ」の続編です。



強めの近視の方の場合のフレーム選びは
前回ご説明をした理由からがひとつと 最も重要な事が、レンズによる「縮み込み」目立たなくする事です。





近視を矯正するレンズは凹レンズです。

凹レンズは像を縮小する効果を持ってます。




強めの近視の方は一度は経験した事があるかもしれません。
フレームを選ぶ時は良かったのに、レンズが入ってメガネが完成した時に掛けてみると「こんなのだったっけな・・・?」ような事です。
これの原因がレンズの縮小効果で起こっている事が大半です。





これは伝えにくいので画像で。。。

同じ度数のレンズで比較しています。

大きいレンズ(フレーム)だと

縮み込む範囲が広い状態です。

小さいレンズ(フレーム)だと

縮み込む範囲が狭い状態です。



印象が少し変わらないでしょうか!





小さいレンズの方が印象が良くないですか?
*よく非球面レンズなどの良いレンズを使うと縮み込みは少なくなると誤解をされている方が多いので付け加えると、どんなレンズを使おうと(凹レンズの場合には)この縮み込みは変わりません。






したがって
当店では、強めの近視の方のフレームは少しでも小さめのフレームをお奨めいたします。






あと、余談として
当店では印象を少しでも良くする(レンズ度数の影響を少なくする)為に行うことが
レンズとの距離を近づけることです。


レンズと眼の距離が離れている時です。


レンズと眼の距離が近い時です。




ただし、距離を変える場合は検査の時点で眼とレンズの距離を考慮して度数決定をしています。(レンズは距離により度数が変化します。)





The Small Faces-Sha La La La Lee


薄型レンズ。

2009.08.23 Sunday

本日はレンズのお話をします。




皆さま
薄型レンズを使用すれば薄く軽くなるとお考えではないでしょうか?






それは間違いです!
薄型レンズを使う事のみが良いとは限りません。





なぜなら





こちらは近視の方の場合に使われるレンズの断面図で、一番上が最も薄型のレンズ、以下順に一番下が通常レンズになっています。
これを見ていただくと、厚みはレンズの中心から離れれば離れるほど分厚くなります。



つまり
横に広いフレームを使用する時と小さいフレームを使用する時とで大きく違いがあります。


ちなみに

遠視の方の場合に使われるレンズの断面図です。
(ここでは、近視とは少し違ってくるので、またの機会にご説明いたします。)



大きいフレームの場合




そして中心に近い部分のみを使用する小さいフレームの場合

ほとんど、厚みは変わりません。




つまり

下のフレームを使用すると、どのレンズを使用しても厚みはあまり変わらないと言う事になります。




さらに、薄型レンズは通常レンズよりも比重が重いので度数によっては重たくもなってしまう事があったり
素材によるにじみ(専門的には色収差)が強く起こってしまいます。
この他にもコーティングの強度も通常レンズよりも弱くなってしまいます。





なので、無理をして薄型レンズを使用する事はあまりオススメしません。(価格の面からも。)







皆様の眼の状態に合った適切なレンズ選びは是非ご相談して下さい。






Let Em In-Paul McCartney and Wings





レンズについては、とても沢山お伝えしたい事があったりします。

今後も少しずつ、お伝えして行きます。

近日中に今回の続編をお届けいたします。