メガネで未来は変わる

2014.09.13 Saturday

3連休初日の本日は大変忙しくさせていただきました。ご来店くださいました皆様、ありがとうございました。
時間はなかったけど、どうしても気になることがこの数日続いたので、ちょっとだけ真面目な話をします。
『メガネは“物を見るため”の道具ではなく“物を見るための補助をする道具”です。』
(↑過去のブログでも同じことを書いています。初耳の方は“こちら”をご確認下さい。今回は少し付け加えます。)
補助を言い換えると「目を楽にするための道具」です。
だから、補助が多くても少なくても(度数が強くても弱くても)楽にはなりません。適正な補助じゃないと、日常生活では肩凝り、頭痛、集中力の欠如などなど様々なことに影響が出ます。自律神経失調症とも深く関わっているとも言われています。
当店でも、正しくないメガネや、メガネの補助が必要なのに「見えるから」という理由でメガネを使用されていない方々を多く見てきました。
その場合、必ずその危険性を説明します。「メガネで未来が変わるかもしれませんよ。」
肩凝りや頭痛は我慢できても、集中力の欠如は仕事上でのミスが増えたり、好きだけど続けられなくなったり未来が変わる可能性があります。(子どもの場合だともっと深刻に未来の可能性が変ります。)骨折時にギブスや松葉杖を使って補助をしますよね。でも、歩けるからギブスも松葉杖も使わないと若い時は何とかなっても、年を重ねると将来どんな影響が出てくるかもしれません。メガネもそれと同じです。
正しいメガネをすることは、とっても大事なことですよ。

話は変わりますが少し関係があるので…
最近、悲しい事件が続いて起こりました。「盲導犬が刺される・・・」「白仗を使っている少女が蹴られる・・・」
盲導犬も全盲の方が使われる白仗もメガネと同じ見るための補助をする道具です。でも、盲導犬への暴力が“器物破損”ってのは納得できない。…ね。
当店では、盲導犬募金箱、設置しております。皆様のご協力をお願い申し上げます。
コメント
初めまして。私も盲導犬を支援していて、盲導犬協会の賛助会員で、毎月1000円(クレジットカードからの自動引き落し)を募金しています(^_^)/
 それで、視覚障害者を含め、障害者の方々を支援する方法が、募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。 
 バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、障害者支援の役に立ってもらいたいので(^^)
  • by せきぐち
  • 2014/10/18 11:20 AM
コメントする
          
トラックバック
この記事のトラックバックURL