『疲れ目撃退!』(ためしてガッテン)

2017.07.29 Saturday

NHK7月19日放送の「ためしてガッテン/疲れ目撃退!本当の原因解明SP」での“寄せ目”についてのご質問を多数いただいております。

なので、放送日からはちょっと時間が経ってしまいましたが、本日はその番組の内容で取上げられたいた“寄せ目”について少しお話しします。

番組の内容を簡単に説明すると、日本人の2人に1人は寄せ目が苦手で、それが原因で疲れ目になる。番組がおすすめする解決方法は「1時間に1分間、目を閉じること」、重い疲れ目には「プリズム眼鏡」を使う方法がある。というものでした。番組内では寄せ目のチェック方法が紹介され、ホームページにもその方法は掲載されています。

 

番組の内容の通り、快適なメガネを作るには、寄せ目がどの程度できるのかはとても大切です。

 

だけど、番組で紹介されていたチェック方法だけで、ご自身の寄せ目の状態を判断するのは注意が必要です。

番組HPではチェック時『*眼鏡やコンタクトは着用したままでかまいません』と記載されていますが、これは必ず着用していた方が良いです。

正確には、寄せ目の程度は、眼鏡を使用していない時、正確に眼鏡を遠くに合わせた時・近くに合わせた時でその程度に違いがあり、その違いの程度も確認する必要があります。さらに、チェック時に着用する眼鏡やコンタクトの度数も正確なものでないと正しい結果にはなりません。

番組のチェック方法で異常を感じた方は、必ずしもプリズム眼鏡が最善で楽になると言うものではないのでご注意ください。

ご自身の正確な状態を知りたい方は、是非気軽にご相談ください。

両眼視検査

2016.12.02 Friday

最近「両眼視検査はしてますか?」というお問合せをいただくことが増えています。結論から言いますと、『両眼視機能検査』はしています。

と言うか、『両眼視検査』をしないとメガネは作ることができません。

普通にメガネの勉強してメガネ屋さんをされている方は、たぶん皆さんそう思われていると思いますよ。

それに現在は非常に優れた検査機器があり『両眼視検査』がオートマチックに行なえ、システムに従えば誰でも検査できると言っても大袈裟ではありません。

でも、オートマチックな検査機器頼りにする検査には大きな欠点があります。

問題なのは、『両眼視検査』をするということよりも、検査の意味や理由や検査結果の詳細を理解することが大切なんです。

 

・・・と、検査のお話しはこれくらいにしまして、本日は今年最後の大きなお買い物品が届きました。

私が今欲しいカメラなんかよりもずっと高価な、レンズの度数をこれまでよりも正確に素早く計測してくれる機器↑。

レンズの状態を正確に計測することは、メガネの加工やフィッティングをする上で、検査以前の問題にとても大切なことなのです。

 

滅多に使うことはありませんが、その狂わない正確性から今でも必要な古き良き時代のレンズ計測機器↓。

自分の目で見て確認できるアナログな計測器は、機能ありきのデザインが個人的には良い感じに思えてなりません。

新しく優秀な機械を手に入れても、捨てられない…

 

 

古きよき時代と現代が融合した洗練されたデザインのメガネ“OLIVER PEOPLES”がたくさんお試しいただけるフェアーは、残すところあと2日となりました。

↓↓↓↓↓click!↓↓↓↓↓

取置きなどのご相談もお受けいたしますので、気軽にご来店くださいませ。

いちょう並木のセレナーデ

2015.05.08 Friday

定休日臨時営業を行ったため、振替休日をいただいた昨日は懐かしの我が母校、南千里にある眼鏡学校に行ってきました。

IMGP2255.jpg
駅前は当時とはすっかり変わっていましたが、秋になると見応えのある通学路のいちょう並木はそのまま。
長い時間を過ごした場所、いろんなことを思い出して、柄にもなく、なんだか胸が熱くなっちゃいました。
IMGP2285.jpg
僕らが使っていた教室は生徒数減少のため、今は使われていませんでした。
IMGP2265.jpg
今は忘れて思い出すことができなくなってしまったけど、たくさんの話をした休憩時間に過ごした場所↓
毎日上り下りした階段と、お世話になった事務員さん(眼鏡学校の通信教育の資料を持ってま〜す)
IMGP2278.jpg
生徒数は減ったものの、この日も授業が行われていました。白衣を着て熱心に加工する生徒の姿も懐かしい風景です。
IMGP2274.jpgIMGP2264.jpg
ここで過ごした日々をふみしめて、現在の私があります。
IMGP2273.jpg
そんな私の礎になった眼鏡学校にご興味のある方はこちら

あてもなく没頭中

2015.03.03 Tuesday

3月も気付けばもう3日。きょうはたのしいひなまつり、ですね。

最近、過去に学んだことを深く見直したり、眼鏡に関係する書物や医学書を図書館で取り寄せて改めて眼鏡について考えております。
眼鏡学校学生時代に使用していたノート↓字汚ねっ
日々快適に使っていただけるメガネのことを考えていると、この業界では見過ごされてきた事実(見過ごしていない人もきっとおられますが明確に記された文献が眼鏡業界にはありません)がいくつかあるような気がしてならないんですよね。そう考えだすと止まらなくなって休日もそんなことに没頭しちゃってます。
変なこと考えるでしょー?

私も含めて認定眼鏡士を信じてご来店くださる皆様のご期待に答えるべく、いつもよりちょっと深く眼鏡について考える時間が続いています。
先週末メガネの修理のため、お立ち寄りいただいたK様ご家族。 ・・・意味があるのかないのか分かんないけど、がんばるぞぉ〜!

明日4日(水)は定休日になります。お間違いのないようお願いいたします。

感謝するのであった

2015.02.19 Thursday

私が眼鏡屋さんに興味を持ったのはファッションとしてのメガネに興味を持ったのが始まりでした。
でもその興味はすぐに「個々に合った快適なメガネを作ること」に変わりました。
ファッションとしてのメガネは今も変わらず大好きですよ。

昨日の定休日は、その快適なメガネを作ることに興味を持つきっかけの一つになった眼鏡屋さんに行ってきました。
私が眼鏡学校時代にお世話になった眼鏡店「メガネの桂」さんです。「メガネの桂」の詳細についてはこちらをご覧下さい。
お邪魔した時間はたくさんのご来店があったので店外からの写真のみ・・・
忙しいにも関わらず加工調整を主に担当されているスタッフさん、顧客管理・接客等を担当されているスタッフさんから丁寧にアドバイスをいただき、さらに眼鏡学校の講師をされている店長、視能訓練士の資格を持つ店長の奥様からは最近眼鏡学校でも取り入れられている検査機(店長考案)の説明をしていただきました。また、考え方の違いにより様々な方法がある両眼視検査についての意見交換などもしちゃったり…
そんな生意気な教え子に、教え子想いの店長は、大切な検査キットを私にプレゼントしくれたのでした。大切に役立てたいと思います。