淡路島洲本

2011.07.02 Saturday

一番情報交換を多くしている眼鏡士仲間から毎年送られてくる「あわじ大江のり」
これを食べてからは他の海苔が食べられません。
大阪でもたまに見掛けるので見つけたら買ってみて下さいね。間違いないですから。


“ちりめんじゃこ”も毎年いただいてます。淡路島って美味しい物がたくさんありますよね。

大阪ってあるようで名物がない。。。


淡路島の洲本でこの絵を見付けたら“長井メガネ”はもう近くにあります。
彼の絵が商店街のペナントに使われています。(定期的に絵の変更はあるようです。)


←ホームページ
最近ブログもはじめています。ブログへはこちら


当店はたくさんの人の力を借りて、日々成長しております。




たまねぎ先生/パラッパラッパー stage1

昨日のこと

2011.05.13 Friday

友人が来店してくれました。
現在はコンタクト関係の仕事をしています。眼鏡学校時代の学友。


情報交換。

眼鏡学校時代の学友はいつまでたっても、仲間です。

仲間とともに前を向いて頑張ります!
最近、お店に仲間入りしたダルマさんに片方だけ未来を見つめる目を入れました。


お土産はみんなでいただきます♪

認定眼鏡士。

2009.07.13 Monday

昨日、眼鏡士のお友達がお店に遊びに来てくれました。

彼は香川県でメガネ屋さんをしています。眼鏡学校時代のお友達になります。







眼鏡学校ってあるの?って方が多いと思うので学校と眼鏡士のお話を少しだけ・・・。



眼鏡の専門学校は全国に5校あります。・・・多分
僕の通っていた学校は大阪の「眼鏡技術専門学校」です。




そこでは、
眼鏡的には レンズ光学/物理光学/幾何光学/波動光学/量子光学など 色々な視点からの光学を学べたり

眼科的には 視器の解剖生理/眼疾患学/眼科一般検査などや

この他にも、視覚心理学や眼鏡枠工学、もちろん加工実習などなど・・・様々に学べます。*眼科実習&眼鏡店実習もね!



そして、認定眼鏡士と言う資格試験を受験し合格すると
社団法人 日本眼鏡技術者協会より 「認定眼鏡士」として認定されます。くわしくはこちら



あっ!


学校に行かなくてもこの資格試験は受験出来ます。また、この資格がなくても眼鏡店は経営しても問題ありません。



なので、眼鏡店には検査加工フィッティングなどの技術の“差”ができてしまっているのが現状です。




メガネ屋さん選びは、少なくとも認定眼鏡士で 出来れば眼鏡学校の卒業者がいる眼鏡店をオススメします。
注)資格がない方や学校での勉強経験がない方でも高い技術を持っておられる方もいます。





ちなみに、認定眼鏡士のいるお店はこのステッカーが目印です。







Just A Friend-Biz Markie



1